Chojuの調整方法の画像です。

<FQA>更にご不明点は問合せフォーム又は070-3889-3706にお電話下さい。

Q:両親が補聴器を使いたがらない!
A:以下の理由で「Chojuを取敢えず試しに使ってみて!」とお勧め下さい。
◇Chojuは常に装着する必要がなく家族との対話や病人/銀行など使いたい時だけ装着すれば良い。
◇病院やお店に調整に行く必要が無い、自分や家族の方が簡単に出来るため調整に行く必要が無い。
◇補聴器の様になれる必要がなくChojuは聴こえ具合に合わせて調整出来る。
◇2週間の試聴できるので「取敢えずお試し」が可能。

Q:集音器は雑音が多いのでは?
A:一般的集音器は音量調整のみで聴こえる音(周波数)も全て増幅するので、
聴こえている音も大きくなり雑音として捉えられます。Chojuは音質も調整出来るので、
そのような事は御座いません。

Q:ケーブルが邪魔では?
A:Chojuは聴こえを重視するため以下を選択しており外観を犠牲にしております。
◇小型化に向かないアナログ回路系を採用。
◇イヤホンとマイクを独立に配置。
◇左右両耳対応で同期した左右バランスを取れる。
耳穴式/耳かけ式補聴器は目立たなくするため外形の制約があり、ハウリング(ピーピー音)の発生や電力(空気電池)で音量が大きく出来ません。
またデジタル回路を採用しているので音質補正が歯抜けだったり遅延が発生します。

Q:中耳炎や病気で聴こえなくなっても使えるか?
A:鼓膜が喪失していなければお客様の同意は必要ですが聴こえる様になります。
Chojuは乾電池を採用たアナログ回路なので音圧レベルが125dBまで上げられます。
そのため病院等で「あなたが使える補聴器はありません!」と言われた方にも対応できます。
お客様の声をご覧頂ければ「聴こえる様になった!」と喜ばれている方のコメントをご覧頂けます。

Q:調整は簡単ですか?
A:簡単です。このページの上記をご覧ください。補聴器の様に測定器を使う必要がなくテレビの音声や普段の会話などで聴きながら音量が大きすぎない丁度良い音質/音量に調整が出来ます。また電話・メール等で24時間対応もしております。

Q:テレビの音声(言葉)が特に聴き取りづらいが使えますか?
A:ChojuⅡをお勧めします。ChojuⅡは付属の送信機をテレビのイヤホン(ヘッドフォン)ジャックに差し込むだけで音声をFM波でChojuⅡ本体に送信し、ChojuⅡ本体はワイヤレスでテレビの音声を受信し、マイクで集音した周囲音を本体回路内で合成して聴くのでハッキリとしたテレビの音声を聴く事が出来ます。イヤホン(ヘッドホン)で聴くのと違い周囲音も聴こえるので安全・安心に使う事が出来ます。

Q:ペースメーカー使用者でも使えますか?
A:Chojuシリーズはアナログ回路を採用しており、ChojuⅡ/Ⅲの通信もFM波を採用しておりますので、問題御座いません。同様に施設や病院内でも使用も可能です。FMラジオが使用可能になっている事と同じです。

Q:自動車等の運転でも使えますか?
A:集音器も聴覚補助器の一つなので、道路交通法で定める聴覚補助器の使用に該当しますから問題御座いません。
お客様でタクシー運転手の方もいらっしゃいますし、「補聴器では車内のアラームが聴こえなかったがChojuは聴こえるので購入した」と言うお客様もいらっしゃいます。

<FQA>
ご不明点は問合せ又は070-3889-3706にお電話下さい。

Q:両親が補聴器を使いたがらない!
A:以下の理由で
「Chojuを取敢えず試しに使ってみて!」
とお勧め下さい。
◇Chojuは常に装着する必要がなく家族との対話や
病人/銀行など使いたい時だけ装着すれば良い。
◇病院やお店に調整に行く必要が無い、
どなたでも簡単に出来るので調整に行く必要が無い。
◇補聴器の様になれる必要がなくChojuは
聴こえ具合に合わせて調整出来る。
◇2週間の試聴できるので「取敢えずお試し」が可能。

Q:集音器は雑音が多いのでは?
A:一般的集音器は音量調整のみで
聴こえる音(周波数)も全て増幅するので、
聴こえている音も大きくなり雑音として捉えられます。
Chojuは音質調整も出来るので
そのような事は御座いません。

Q:ケーブルが邪魔では?
A:Chojuは聴こえを重視するため以下を選択しており
外観を犠牲にしております。
◇小型化に向かないアナログ回路系を採用。
◇イヤホンとマイクを独立に配置。
◇左右両耳対応で同期した左右バランスを取れる。
耳穴式/耳かけ式補聴器は目立たなくするため
外形の制約があり、ハウリング(ピーピー音)の
発生や電力(空気電池)で音量が大きく出来ません。
またデジタル回路を採用しているので
音質補正が歯抜けだったり遅延が発生します。

Q:中耳炎や病気で聴こえなくなっても使えるか?
A:鼓膜が喪失していなければ
お客様の同意は必要ですが聴こえる様になります。
Chojuは乾電池を採用たアナログ回路なので
音圧レベルが125dBまで上げられます。
病院等で「あなたが使える補聴器はありません!」
と言われた方にも対応できます。
お客様の声をご覧頂ければ「聴こえる様になった!」
と喜ばれている方のコメントをご覧頂けます。

Q:調整は簡単ですか?
A:簡単です。このページの上記をご覧ください。
補聴器の様に測定器を使う必要がなく
テレビの音声や普段の会話などで聴きながら
音量が丁度良い音質/音量に調整が出来ます。
また電話・メール等で24時間対応もしております。

Q:テレビの音声が特に聴き取りづらいが使えますか?
A:ChojuⅡをお勧めします。ChojuⅡは付属の送信機を
テレビのイヤホン(ヘッドフォン)ジャックに
 差込むだけで音声をFM波でChojuⅡ本体に送信し、
ChojuⅡ本体はワイヤレスでテレビの音声を受信し、
マイクで集音した周囲音を本体回路内で合成するので、
テレビの音声をハッキリ聴く事が出来ます。
イヤホン(ヘッドホン)で聴くのと違い
周囲音も聴こえるので安全・安心に使う事が出来ます。

Q:ペースメーカー使用者でも使えますか?
A:Chojuシリーズはアナログ回路を採用しており、
ChojuⅡ/Ⅲの通信もFM波を採用しておりますので、
問題御座いません。
同様に施設や病院内でも使用も可能です。
FMラジオが使用可能になっている事と同じです。

Q:自動車等の運転でも使えますか?
A:集音器も聴覚補助器の一つなので、道路交通法で
定める聴覚補助器の使用に該当し問題御座いません。
お客様でタクシー運転手の方もいらっしゃいますし、
「補聴器では車内のアラームが聴こえなかったがChojuは
聴こえるので購入した」お客様もいらっしゃいます。