Chojuの優れている点➤➤どんな難聴レベルにも対応
病院でムリと言われても、幼少期の病気が原因の難聴でも大丈夫

Chojuの優れている点
➤➤どんな難聴レベルにも対応

病院で補聴器はムリと言われても、
幼少期の病気が原因の難聴でも大丈夫

一般的補聴器はハウリングで対応できない、
音質調整された最大音圧120dBにより、
音声信号を聴覚神経まで届けられるので、
病院で「あなたに合う補聴器はありません」
「幼少期の中耳炎などで難聴になったままの人」
でも聴こえが戻ります。
一般的補聴器はハウリングで対応できない、
音質調整された最大音圧120dBにより、
音声信号を聴覚神経まで届けられるので、
病院で「あなたに合う補聴器はありません」
「中耳炎などで難聴になったままの人」
でも聴こえが戻ります。

Chojuの優れている点➤➤アナログ回路全周波数対応

Chojuの優れている点
➤➤アナログ回路全周波数対応

音質重視のアナログ回路を採用し
周波数全域を低高音/左右独立で調整可能。
デジタル補聴器の様にオクターブ単位
歯抜け補正では無く全体をリニアに補正。

一般的集音器と違い補聴器並みの音質調整が
両耳で随時可能なので耳鳴りも軽減出来ます。
音質重視のアナログ回路を採用し可聴周波数全域を低高音/左右独立で調整可能。

デジタル補聴器の様にオクターブ単位の歯抜け補正では無く全体をリニアに補正。
一般的集音器と違い補聴器並みの音質調整が両耳で随時可能なので耳鳴りも軽減出来ます。

良い理由
1:一般の補聴器・集音器はデジタル回路を使っています。
ではなぜアナログ回路が良いのか!

<1>全ての音(周波数)を補正(増加減)出来る!

<2>余分な処理をしていないので音の遅れがないからです!
デジタル回路は音⇒A/D変換⇒デジタル処理⇒D/A変換⇒鼓膜
★青文字部分が余分

良い理由
1:一般の補聴器・集音器は
デジタル回路を使っています。

ではなぜアナログ回路が良いのか!
<1>全ての音(周波数)を補正(増加減)出来る!
<2>余計な処理が無いので音の遅れが無い!

デジタル回路は、
⇒A/D変換⇒デジタル処理⇒D/A変換⇒鼓膜

★青文字部分が余分

デジタル補聴器のディレイタイム
日本聴覚医学会<デジタル補聴器ディレイタイム>より

デジタル補聴器 A 10.2ms
デジタル補聴器 B 1.2ms
デジタル補聴器 C 2.7ms
デジタル補聴器 D 5.5ms
アナログ補聴器 E(Choju) 0.2ms

デジタル補聴器のディレイタイム
日本聴覚医学会<デジタル補聴器ディレイタイム>より

デジタル補聴器 A 10.2ms
デジタル補聴器 B 1.2ms
デジタル補聴器 C 2.7ms
デジタル補聴器 D 5.5ms
アナログ補聴器 E(Choju) 0.2ms

アナログ回路なので広い範囲の音を補正できます。(下図参照)

アナログ回路なので
広い範囲の音を補正できます。
(下図参照)
Chojuを勧める理由

Chojuの優れている点➤➤マイク・イヤホン独立構造

Chojuの優れている点
➤➤マイク・イヤホン独立構造

良い理由
Chojuは、全向性マイクが体前面にあります!前面ですが全向性なので後方の音も良く聴こえます。
マイクがイヤホンと独立構造なのでハウリングがなく、後方の音声も聴こます。
耳かけ式製品はマイクが後ろでTVの音声が聴きずらく、マイクが後ろにあるのに後方の音が聴きずらい問題がありあます。(買換え購入者の意見)

良い理由
Chojuは、全向性マイクが体前面にあります!
前面ですが全向性なので後方の音も良く聴こえます。

マイクがイヤホンと独立構造なので
ハウリングがなく後方の音声も聴こます。
耳かけ式はマイクが後ろでTVの音声が聴きずらく、
後ろにマイクがあるのに後方の音が聴きずらい!
※買換え購入者の意見
耳かけ式補聴器・集音器と耳穴式補聴器
耳かけ式補聴器・集音器と耳穴式補聴器

Chojuの優れている点➤➤聴力(認識力)改善が見込める。

Chojuの優れている点
➤➤聴力(認識力)の改善が見込める。

Chojuは聴こえに合った大き過ぎず無理のない低高音の調整で、
自然な音声認識ができ、テレビ等のアナウンサーなどの訓練された発音の音声を聴く事により、聴覚神経が活性化され92歳女性の聴力(認識力)改善事例もあります。

良い理由
テレビのスピーカーの反射音の影響を受けず本体のマイクからの集音もしているので周囲音も聴こえる安全安心な製品で、FM波なので自然な聴こえで,且つ、この周囲音も集音する仕様であっても音声の遅延がありません。(Bluetoothは遅延しエコー状態になります!)
ChojuⅡがお勧めです!Chojuの音質性能をそのままに、FM送信機(付属)とFM受信回路内蔵基板変更!

ChojuⅡ

ココが違う!特長のご紹介

自分にあった音質・音量で無理なく聴力を改善

聴力は日々の体調(血流・血圧・体温など)で変化します。合わない調整は聴こうとする意欲を削ぐことになり聴力の悪化を招きます。Chojuは音量と音質を都度使用者が丁度良い補正が出来るため、聴こうとする意欲が目覚め認識力が上がり聴力が改善した実例が多々あります。

聴覚を刺激して脳を活性化し認知症のリスク対策

Chojuが聴覚神経を適度に刺激する事で脳の活性化が図れるだけでなく、聴こえが回復する事で会話が弾み社交的になる事で、聴覚以外の刺激を受けられるようになり、脳の活性化が図れることか認知症のリスクを低減・予防する事ができます。詳細は以下ページ参照下さい。

アナログ回路で音域の調整範囲が広く音楽も楽しめます!

一般的補聴器・集音器と異なりアナログ回路構成のため周波数全域でリニアな補正(調整)ができ、周波数全域(100Hzから15KHz)を調整するので低い増幅値でも他社と同じ聴こえ具合を得る事ができ、一般的補聴器・集音器と異なり周波数域が広いので音楽も楽しめます。

病院で調整は無理と言われても諦めない!120dB対応

突発性難聴や重度難聴で病院や補聴器メーカーから調整出来ない!と言われている方も、Chojuは音圧レベル120dBまで対応しておりアナログ回路補正なので聴こえを改善出来ます。特に片耳だけ難聴で耳鳴りにお困りの方も耳鳴りを軽減させる事ができます。更に耳垂れで聴覚補助器を諦めている方も特別なイヤホンパッドがあるのでご使用可能です。

テレビの会話を聞きながら改善できるChojuⅡ

ChojuⅡはTVの音声を遅延の無いFM波で送信し、ChojuⅡ本体に受信回路を付加しChojuの音質性能を継承したChojuの発展系の製品です。一般的補聴器・集音器はスピーカーの音が空間を通過してマイクで集音するため、周囲音と混ざった音が増幅されるので音は聞こえるがセリフが判らない事が多い中、ChojuⅡはTV等の音声が空間通過することなく直接本体に入り、別体のマイクからの周囲音と本体回路内で合成されるので、TV等の音声はハッキリ聴こえて周囲音が聴こえる(会話が出来る)製品です。また、TVのアナウンサーなどの正しい発音をChojuの聴力改善をする音源として活用する事でより良い改善効果が見込めます。